越谷の歴史

越谷は、歴史のある街として知られています。昔、越谷のある地域は、藤原秀郷の子孫とされている下野国の下河辺氏によってつくられた、八条院領という荘園があった場所です。戦国時代ごろまでは、下総国葛飾郡下河辺荘の新方庄と呼ばれていました。また、越谷は古くから、野与党の氏神である久伊豆神社があるところとしても知られています。

 

江戸時代になると、日光街道にある宿場町の越ヶ谷宿となり、栄えるようになった地域でもあります。さらに、明治になってからは、町や産業の発展に合わせて、鈴木銀行や越谷貯蓄銀行などがつくられたり、鉄道が敷かれると越ヶ谷駅などができたりしてきました。この頃から、越谷の人口が増加してきたとされています。越谷は戦後、越ヶ谷などの複数の街が合併してできた越谷町でしたが、のちに越谷市となってからは、人口が急激に増えていき、今では約半世紀前の6倍の人口となっています。

 

越谷は埼玉県内でも大きな都市となり、大型ショッピングセンターや越谷ツインシティ、埼玉県立大学ができています。中でも、日本で最大のショッピングセンターとして有名なイオンレイクタウンができてからは、ますますにぎやかな街と変わりつつあります。このようなことから、越谷の知名度がさらに上がってきたといっていいでしょう。最近、ご当地ナンバーである越谷ナンバーが登場して、越谷は埼玉県の中でも重要な街のひとつとして、ますます認知されるようになっています。


越谷の地理

日光街道、そして奥州街道は江戸時代にあった五街道の1つです。この日光街道と奥州街道の3番目の宿場として知られているのが、武蔵国埼玉郡に位置していた越ヶ谷宿となっています。この越ヶ谷宿があったのは、現在の埼玉県越谷市の中心部であり、かつては宿場町として栄えていました。他にも歴史にまつわる逸話は多く、1604年に御茶屋御殿が移築され、完成したのが越ヶ谷御殿です。

 

江戸幕府を開いた徳川家康、その息子であり2代将軍の徳川秀忠らがこちらに宿泊し、鷹狩りを楽しんでいたという記録も残っています。建物自体は1657年に解体されており残っていませんが、現在の御殿町という地名はかつての名残です。明治時代になり南埼玉郡の越ヶ谷町が誕生すると、1899年には東武伊勢崎線が開通しました。

 

現在でもその名前が残っている蒲生駅、現在の北越谷駅である越ヶ谷駅が開業し、町は発展していきます。戦後の1954年には越ヶ谷町を始めとして8つの町と2つの村が合併し、越谷町が誕生しました。4年後の1958年には町から市に変わっており、これは埼玉県内で22番目の記録となっています。

 

合併前の地名や施設の名前には越ヶ谷の名前が使われており、合併の前後で使い分けられているのが特徴です。1973年にはJR東日本武蔵野線が開業しており、東武鉄道とJR東日本の線路沿いを中心に開発が進みました。1967年には人口が10万人を突破しており、1976年には20万人、1996年には30万人を突破しています。


越谷でおすすめの遊びのスポット

埼玉県の南西部にある越谷市は人口が県内のベスト5にはいる人気のあるエリアです。
多くが都内や県内通勤者のベッドタウンとなり、生活されている方が多くいらっしゃいますので、遊びのスポットも多くあります。
大きな声では言えませんが、男性向けには風俗のお店もあります。越谷のデリヘルデリヘル埼玉の中でも大宮のデリヘルと並んで質の高い女性が多いと評判ですので、デリヘルに興味のある方は一度試してみるのもお勧めです。
一般的にもっとも人気のある遊びのスポットは越谷レイクタウンです。
越谷レイクタウンは2008年に作られたニュータウンであり、一見湖のような大相模調節池と巨大なショッピングモールであるイオンレイクタウンがあるのが特徴です。
大相模調節池は、ヨットやカヌーを楽しむことが可能であり、周辺には遊歩道や桟橋などが整備されているため海の無い埼玉県にとって、非常に貴重な水遊びのできるスポットともいえるでしょう。
調節池を高い視点から見ることも可能な展望デッキもあるため、憩いの場として休日は家族連れが集まっています。
そしてイオンレイクタウンは国内最大級のショッピングセンターとして注目されており、県内だけではなく都内、千葉、茨城からの来客者もいるなど非常に多くの方が集まっています。
あらゆる種類の店舗があり、映画館や飲食店の数も充実しているため、朝から晩まで1日中楽しむことができ、JR武蔵野線の越谷レイクタウン駅の目の前なので、交通アクセスも良いのが魅力の一つともいえます。
土日、祝日休日はとても混み合い、昼食時間帯はどの店舗も並ぶ状況になることが多いですが、平日では非常におちついた雰囲気となるため、人ごみが苦手な方は平日に向かって見るのもよいでしょう。